Pocket

今回の放送は有楽町にあります「かごしま遊楽館」で開催された「かごしま百円茶屋」に伺いました。
百円茶屋の様子やシステムについて、お客様の反応や反響についてのお話を紹介しています。
今週のリスナープレゼントは、百円茶屋でも提供していた志布志の美味しい新茶です。

  • おはようございます。鹿児島お茶大使の宮下純一です。

  • 秘書の武田みどりです。さあ大使、今日わたしたちは有楽町にあります「かごしま遊楽館」で開催されている百円茶屋にやって参りました。

  • 非常に盛り上がってますね!!

  • そうですね、こちらはですね鹿児島のお茶とお菓子をなんと100円で楽しめるイベントなんですって!

  • お茶とお菓子で100円!

  • リーズナブルでしょう!?美味しいお茶を楽しめるんですよ。

  • おもしろいイベントですね。

  • ということで早速ですが、この百円茶屋を主催されている鹿児島県茶業会議所の皆さんに今日は話を聞いてみましょう。


  • まずは篠原局長です。おはようございます。

  • おはようございます。

  • 篠原局長、たくさんの方がかごしま茶を飲んで下さっていますね。

  • そうですね、おかげさまで好評です。

  • この百円茶屋のシステムを教えてください。

  • 正式にはですね「かごしま百円茶屋」といいまして、実は平成21年からこちらの首都圏の東京を中心に7年目でありまして、大体月に一回定例的に開催しています。
    内容的にはですね、見ての通り赤い番傘それから赤毛氈をひいた縁台、これに座っていただいて、本日は,鹿児島の郷土菓子を4種類の中から1つ選んで,かごしま茶と一緒にたのしんでいただく。しかも日本茶インストラクターの方々がお茶の美味しい淹れ方を実際目の前で一煎目は実演して、二煎目以降は自分でゆっくり二煎目三煎目飲んでいただくというシステムです。

  • お客様の反応はいかがですか?

  • 実際ですね飲んでいただいて「あ、かごしま茶おいしいな」という声たくさんありましてリピーターの方も増えて、大変好評です。

  • みなさんビックリされませんか?「お茶と、そしてお菓子で100円ですか?」って。

  • そうですよね。実際ですね100円では出来ないんですけれども、これはかごしま茶のPRということで100円でやってます。

  • 大サービスですよね。

  • 飲んでいただいた後に、お求めになる方も多いんじゃないですか?

  • そうですね。

  • 非常にPRができているということですよね。

  • そうですよね。

  • 是非また皆さん飲んで来ていただきたいと思います。


  • さあ続いては、生産者の堀口さんです。

  • 堀口さん、非常にお若いですけどおいくつですか?

  • 宮下さんと一緒で31になります。

  • いやー、こういった若手の生産の方も一生懸命頑張ってるんですよね。

  • 嬉しいですね。

  • これ百円茶屋、反響はどうですか?

  • いやー思った以上にですね、お客様たくさん集まりまして自分の中でもすごい驚いています。

  • かごしま茶をどういう風に楽しんでいただきたいですか?

  • そうですね。鹿児島、全国でも二番目の茶の産地なんですけれど、知られてないお客様もたくさん居まして、そしてまた志布志市というところから来たんですけれども志布志も有名な茶産地なのでもっとアピールしておいしいお茶を甘いお茶を飲んでいただきたいと思いまして、生の生産家の声を消費者の方に伝えたいと思いまして、思い切って鹿児島から繰り出して来ました。


  • 大使、百円茶屋ほんとに多くの方で賑わっていましたね。

  • ほんとですね、たくさんの人に足を止めていただいて、かごしま茶に触れていただいて、そして日本茶インストラクター方が淹れ方まで教えてくださる非常にいい茶屋ですよね。

  • また、皆さん今日からのお茶の淹れ方が変わったでしょうね。
    では今週もプレゼントがありますよ。

  • 今週は、どんなプレゼントになりますか?

  • はい、今週は百円茶屋でも提供していた志布志のおいしい新茶を3人の方にプレゼント致します。

FullSizeRender
  • 応募方法もお願いします。

  • 下の応募フォームをクリックして記載内容を入力後、送信ボタンをクリックして下さい。応募締め切りは6月20日(土)までです。
    たくさんのご応募お待ちしております。

  • プレゼントの応募お待ちしております。

第11回放送プレゼント応募フォームを開く

必須氏名

必須郵便番号

半角文字で入力しないと動作しません

必須都道府県

必須都道府県以下

マンション・アパート 号室

必須電話番号

年齢

性別
 男性 女性

番組へのメッセージ

第11回放送プレゼントは締め切りました