Pocket

今回の放送は南九州市頴娃(えい)町にあります大野岳の茶寿階段を伺いました。
108段ある階段を登り、大使の年齢である段数で感想を述べ、108段を登り切った山頂から観える風景について紹介しています。
今週のリスナープレゼントは、鹿児島県特産品コンクールで入賞した「SUB SOUP ~茶節~」です。

  • おはようございます。鹿児島お茶大使の宮下純一です。

  • そして秘書の武田みどりです。

  • いやー、すっかり行楽シーズンですね!

  • そうですね!ということで今日私達は南九州市頴娃(えい)町にあります大野岳の茶寿階段にやって参りました。

  • 茶寿ってあまり聞いたことないですね

  • そうですよね。この茶寿というのは数え年で108歳のお祝いのことを言うそうなんですよ。

  • 108歳!なかなかここまで生きられないですよね。
    お茶を飲めば108歳のお祝いも出来るかもしれないということですね。

  • そうなんですよ。まだまだ長いですけれども、この節目の歳にはそれぞれの言葉が刻んであるということで、これからこの108段を登りたいと思うんです。

  • 早速行ってみましょうか!

  • 108段って結構ありそうですよね。

  • ありますよね

  • じゃあまずは、一歩目から参りましょう。せーのっイチ!

  • 結構、幅の広い階段階段ですね。

  • (2,3,4,5)

IMG_1370

  • 僕が今年32歳になりますから・・・

  • はい、今30段を越えました。サンジュウイチ

  • サンジュウニ!

IMG_1403
  • さあ、こちらが今の大使の年齢の段数ということですが

  • 上を見あげれば、まだまだ階段が続いています。

  • ゴールは見えませんよ。

  • 下を振り返っても、段数はあまりありません。人生まだこれからですね!

  • そうです!参りましょう。


  • さあ、数え年で99歳、白寿ということですが

IMG_1458
  • 百から一とったら、「白」という漢字になるので白寿というんですよね。

  • そうですね

  • さあ、いよいよ茶寿見えてきましたね!

  • 見えてきました!ゴールの108段!

  • 書いてありますね、「茶寿」数え年で108歳。
    お茶の字を分解すると十、十、八十八となることから由来するということで

  • 最後の108段目を

  • 到着しました!

  • はい、登りました。
    さあ、ということでこの茶寿の石碑がある大野岳の山頂に到着いたしました。

  • 大使、標高が書いてありますね。466メートル

  • 結構高いところまであがってきましたね。

  • さあ、そして展望台ありますね。

  • 展望台!こちらからお茶畑が見えるみたいなので

  • うわあ楽しみ!絶景でしょうね!

  • 108段踏みしめましたけど、結構息がきれますね。

  • でも、それぐらい人生って長いってことですよね。

  • ねえ、がんばっていかなきゃ!さあ、到着!!

IMG_1482
  • うわあ!すごーい!!

  • 気持ちいい!!

  • 気持ちいいですね!

  • 観えますねー!

  • うわっ、お茶畑が広がってますね!

  • きれいですね!

  • 一面、緑!

  • うわー、これはもうお茶どころ知覧を感じられますね、ここから!

  • このお茶が全国の方に飲まれるわけですから、大使として嬉しい景色ですね!

  • この景色を、しかと心と瞳に焼き付けて下さいね。


  • 大使、今日は茶寿階段でいい汗かけましたね。
    ということで、今週もプレゼントをご用意していますよ。

  • 今週は、どんなプレゼントですか?

  • はい。今週は今回お伺いした大野岳周辺のお茶農家さんの茶寿会が商品開発し、鹿児島県特産品コンクールで入賞した「SUB SOUP ~茶節~」を3人の方にプレゼントいたします。

茶節
  • 応募方法はどうしたら良いですか?

  • 下の応募フォームをクリックして記載内容を入力後、送信ボタンをクリックして下さい。応募締め切りは5月23日(土)までです。
    たくさんのご応募お待ちしております。

  • プレゼントの応募お待ちしております。

第7回放送プレゼント応募フォームを開く

必須氏名

必須郵便番号

半角文字で入力しないと動作しません

必須都道府県

必須都道府県以下

マンション・アパート 号室

必須電話番号

年齢

性別
 男性 女性

番組へのメッセージ

第7回放送プレゼントは締め切りました