Pocket

今回の放送は、鹿児島県茶生産協会の後藤正義会長へのご挨拶です。
鹿児島県茶生産協会の取り組みや、今年の新茶の仕上がりを聞いてきました。今週のリスナープレゼントはかごしま茶キャラクター「鹿児茶丸」のストラップです。

  • おはようございます。鹿児島お茶大使の宮下純一です。

  • そして秘書の武田みどりです。
    大使、今日は鹿児島県の茶業関係の方のところにご挨拶に行っていただきます。

  • どちらに伺いますか?

  • はい、本日は一般社団法人鹿児島県茶生産協会の後藤正義会長のところへお邪魔します。

  • 昨年、この番組を始めるときにお会いしたんですけれども、かごしま茶への愛を感じる印象深い方でした。

  • 久しぶりに会われるわけですね。そんな鹿児島県茶生産協会なんですが、クリーンなかごしま茶づくり事業など安全で良質のお茶の生産を推進しているんですよね。

  • 僕も実際多くの生産者の方とお会いして、かごしま茶の魅力を知ることが出来ました。

  • なるほど!では、今日はこれから鹿児島へ出張です!

  • それでは行きましょう!


  • 後藤会長!この度は鹿児島お茶大使に任命して頂いて本当にありがとうございました。

  • いいえ、こちらこそよろしくお願い致します。

  • 後藤会長早速なんですが、この度お茶大使になった宮下さんに大使としてどんなことを期待されますか?

  • まず鹿児島のお茶を、この番組を通して詳しくなって貰いたいと思います。

  • 鹿児島はお茶の種類も多いですよね!

  • そうなんです。鹿児島は南国であるがゆえに早生品種、そして晩生までいろんな茶種が栽培できる。これも強みです。

  • 新茶の出荷時期が早いことも、かごしま茶の強みですよね!

  • そうです。やはり新茶が一番早いですから、真っ先に新茶をお送りできる!その強みがありますね。

  • 僕もお茶大使になってから、いろんな方にかごしま茶を飲んで貰っています。基本的な淹れ方や飲み方というのを知らない僕達世代が多いなと感じました。

  • そのためにですね、私どもは数年前から小学生にお茶のいれ方を知ってもらうための取り組みを、今年も大体190校6000名の児童を目安にやりたいと思っています。
    児童達に急須・お茶などをプレゼントして家庭でお子さんからお父さんお母さんにお茶をいれて差し上げる。そのことが、お茶に親しむ・お茶好きになると信じています。

  • お茶をいろんな世代にたくさん飲んでいただきたいということですが、今年のお茶の仕上がりはどうですか?

  • まず気象条件から言っても申し分のない気候の条件。
    ちゃんと1月2月は鹿児島の温度が低くなっておりましたので、ゆっくり休眠できたお茶、素晴らしい新茶が届けられると思っております。

  • 胸を張っておいしいお茶ですよ!と売り出すことができるということですね。

  • はい、当然そう思っております!

  • そんなおいしいかごしま茶を飲んでもらうために、僕もお茶大使として頑張って行きたいと思います。

  • はい、よろしくお願いします。


  • 今回、後藤会長にお話しを伺いました。小学校の子供達に向けてのお茶の淹れ方教室が非常に興味深かったですね。

  • そうですね。

  • 今、コンビニでお茶が買える時代だからこそ、急須で入れるお茶のおいしさを子供達に伝えていけることを大使としてやっていきたいなと思いました。

  • 大使の大仕事でもありますね。

  • それでは今週もプレゼントをご用意しています。

  • 今週は、どんなプレゼントですか?

  • はい、今週はかごしま茶のキャラクター鹿児茶丸のストラップを3人の方にプレゼント致します。

kagotya_st
鹿児茶丸ストラップ
  • 応募方法はどうしたら良いですか?

  • 下の応募フォームをクリックして記載内容を入力後、送信ボタンをクリックして下さい。応募締め切りは4月18日(土)までです。
    たくさんのご応募お待ちしております。

  • プレゼントの応募お待ちしています。

第2回放送プレゼント応募フォームを開く

必須氏名

必須郵便番号

半角文字で入力しないと動作しません

必須都道府県

必須都道府県以下

マンション・アパート 号室

必須電話番号

年齢

性別
 男性 女性

番組へのメッセージ

第2回放送プレゼントは締め切りました